ロゴデザインやWEB(ホームページ)作成など、
広報を中心とした経営コンサルティングはハルハルグループへ

ブログ

ブログ

2013年9月3日

竜巻発生条件

Filed under: 制作スタッフ — ceo @ 17:09:50

今朝のニュースで埼玉県と千葉県で竜巻があったことを知りました。

現場の被害状況の中継でも竜巻の脅威を知ることができますが、視聴者からの投稿や動画サイトにアップされた動画ではリアルタイムな竜巻の脅威がうかがえます。

今年は日本各地で大気の不安定な状態が続き、北海道でもゲリラ豪雨が降ったりしました。

竜巻もそんな大気の影響で発生したのでしょうか。

昔は竜巻で家が吹っ飛ばされたなんてニュースは聞いたことがありませんでしたが・・・・。

 

竜巻が発生したときの避難方法がWikipediaに乗っていました。

屋内の場合、開いている窓は閉めてカーテンを閉め、窓から離れ、シャッターやドアを閉めるなどした上で、建物の地下や1階に移動し、壊れやすい部屋の隅から離れてできるだけ家の中心に近いところで、机などの下に身を潜めて頭を保護するのが適切な避難方法である。

屋外の場合、周りの飛散物に注意し、壊れて飛散しやすい車庫・物置やプレハブの建物、橋の周囲は避け、鉄筋コンクリート等の頑丈な建物の中に避難するか、体が収まるような水路やくぼみに隠れて頭を保護するのが適切な避難方法である。風の影響を受けにくく窓がないことから、地下室が最も安全な避難場所とされている。

Wikipedia

窓辺で動画を取るのはやめた方がよさそうですね。