ロゴデザインやWEB(ホームページ)作成など、
広報を中心とした経営コンサルティングはハルハルグループへ

ブログ

ブログ

2005年11月2日

目標達成の方程式

Filed under: ceo — ceo @ 00:11:23

私は学生時代に一番好きな教科は「数学」でした。
小学校のころから数学だけには自信がありました。高校・大学とカンニング?!で受験に成功した私ですが、数学だけはカンニングさせていたぐらいです。笑
学生時代に家庭教師や塾の講師をさせてもらったのも数学のおかげだったと思います。昔読んだ本の中に会社経営者というのは学生時代に「数学」が得意だった人間が多いという統計がある。と書いてありましたがその頃はまだサラリーマンであった私にはピンと来ませんでした。でも会社経営をするようになってからこの答えが分かったような気がします。
損得の計算が速いとか、収支のバランスという数字の部分ではないような気がするのです。
数学が好きな人は、一つしかない答えを導くのが好きなのです。問題を解決することが好きであり、その問題を解決する能力に優れているのだということではないかと思うのです。会社経営も似ているところがあると思います。分析や統計、確率や勝利の方程式、問題解決の方程式と・・・

ここで私が人材育成に使う目標達成のための方程式を紹介します。

目標達成=「能力」×「行動力」×「考え方」

自分自身の「能力」が半人前(0.5)だと思えば、人の倍(2)「行動力」すればいいのです。そうすれば人と同じペースで目標は達成できます。
どんなに優れた才能「能力」(3)があっても行動「行動力」(0)しなければ結果(0)は出ない。また人よりもどんなに才能があり、行動もしたとしても、「考え方」が悪(マイナス)であればマイナスの結果しか出ない。この方程式の通り目標を達成するために必要な3つの要素は足し算でも引き算でも割り算でもなく、掛け算なのです。よって人の2倍の能力を身に付け、人の2倍行動して、志・意欲も人の2倍持ったならば、結果は人の2倍ではなく8倍のスピードで達成できるんです。