ロゴデザインやWEB(ホームページ)作成など、
広報を中心とした経営コンサルティングはハルハルグループへ

ブログ

ブログ

2005年11月12日

ルールを守らないよりもマナーを守れない方が怖い

Filed under: ceo — ceo @ 20:11:07

今日は私のクライアントのところに食事に行ったのですが、久しぶりに不愉快な思いをしました。


そこは「予約優先」の店なのですが、私は何日か前に予約を入れていたにもかかわらず予約時間に行くと15分も待たされました。他の店なら帰ってますし二度と行きません。

商売の原理原則の話は先日しましたが、いまだ分かってないんですね?顧客との約束を守るということ。

以前なんて営業時間にもかかわらず店が開いていないなんてこともあったし・・・こういう人間は必ず言い訳をするんです。自分中心(個人や会社)の考え方だから言い訳をするんです。

顧客中心に考えられる経営者はどうすればこのようなことにならないか?このようなことにならない方法を考えます。だから賛同者が増えるんです。だから稼げるんです。

案の定このお店は繁盛していません。まだまだ気づく点がありましたが、話す気にもなりませんでした。立ち上げから全面的に手伝って、儲かってから顧問料をもらう約束でしたが1年が経過して今だその約束すら果たしていないクライアントでもあります。今では自分一人の力で立ち上げられたとでも思っているのではないでしょうか?約束を軽く考えているのでしょうかね?。このまま頬って置けば半年と持たないことでしょうね?。今までの経験上自己満足で商売をしている人は2年と持たないです。

そんな私の愚痴はこの辺にして、ゴルフから学んだことを最後のまとめに・・・
「ルールを破っても、ペナルティーという罰を受けるだけです。マナーを守れない人間にはペナルティーや罰はなくても、周りに自然と人が居なくなる」と私は思います。約束を守るというのはルールではなくマナーですよね。